· 

『絆』


Entry No.4 神田妃菜です!

 

今回は、高校時代を捧げた部活動のお話です♫

 

幼い頃から踊ることが大好きで

バレエやダンスを習っていました。

中学生になり上海に引越した時も、 

熱心な日本人の先生との出会いもあり

周りの友人達が学習塾に通う中

大好きなバレエに没頭していました。

 

残念ながらベトナム生活では

私に合う教室を見つけることはできず

その期間はバレエができませんでしたが

絶対帰国したらバレエをしたい!!

と思っていたんです。

しかし帰国し、

入学した高校の新入生歓迎会で

発表されたバトン部の演技に

私は一瞬で魅了されました。

部員全員が一丸となり

一糸乱れぬパフォーマンス!

それは圧巻の演技で

とにかく素晴らしかったんです。

私もその一員になって演技がしたい!!と、強く思い

私はバトン部に入部することになりました。

 

私の高校のバトン部は

名前の通りバトンの練習もするのですが

それとは別にポンポンを使った演技で

全国大会に出場し

優勝を目指す強豪校でもあります。

私はその中で

素人ながらも必死についていき

日々練習に打ち込み

全国大会出場を目指し頑張ってきました。

残念ながら高2の時は

全国大会出場の目標を達成できず

苦い思い出もできましたが

それも今となれば、良い思い出です。

軽快な動き、しなやかな動き、そしてアクロバティックな技、

さまざま隊形移動から作品を作り上げていきます。

見ている人を感動させるその努力や時間は並大抵のものではありませんでしたが

部員みんなの気持ちが一つになり

ポンポンの乾いた音が「シャン!!」と会場に響いた時は

身体中の毛穴が開き、鳥肌が立ちます。

ほとんどの部員が中学生から所属している中

高校からの入部の私は

とにかく必死で

辛いことも山ほどありましたが

厳しい練習の中で得た仲間との信頼関係

そして強い『絆』

最後までやり抜く強い気持ちは

私を成長させてくれました。